泊まりで風俗講習

童顔ソープ嬢の方が燃えますね、正直

必ず月に一度は利用する大宮のソープでは、自分は童顔の方が燃えるかなと気づいたんです。その理由は童顔のソープ嬢が持つギャップですかね。「こんなに可愛らしいのにここまで」みたいな感じですね。
大人っぽいソープ嬢だと、性的な遊びも当たり前のように出来るというか、きっとプライベートでもそれ相応のことを遊んでいるんじゃないかなとか考えちゃうじゃないですか(笑)でも童顔のソープ嬢だと、イマジネーションが働くんですよ。もしかしたらあまり遊んでいないのではないか…みたいな。結局男が自分の都合の良いように考えているだけでしかないんですけど、それがより興奮を生み出すことになるのも事実なんですよね(笑)むしろそう思えば思うほど、勝手に自分の中でドツボにハマっていくような気がするんです。それによって、じゃあ何をすべきなのかということまで考えるようにしているんですよね。
だから大宮のソープでは出来る限り童顔の女の子狙いで楽しませてもらっているんですけど、そのおかげでとっても楽しい時間を過ごせているんじゃないかなって思いますね。

状況判断で最高の大宮のソープにする

大宮のソープで遊ぶ前に情報を調べてシミュレーションしているんです。指名したソープ嬢はホームページで画像くらいは見ているじゃないですか。後はプロフもですかね。これらの限られた情報の中から、遊んだらどういったプレイになるのかをシミュレーションするんです。
自分の中でシミュレーションは結構重要で、そこでしっくりこないようだと実際に遊んでもしっくりこないので、指名前のシミュレーションの段階でいわば「予選落ち」してしまうソープ嬢だっています。でも、シミュレーションでしっくり来たら実際に指名して楽しみますし、その際はシミュレーション通りに行かないこともありますけど、シミュレーションはシミュレーション。そこだけに固執するのではなく、臨機応変に快感を愚直に楽しむこともまた、大切なんじゃないかなって思うんですよね。
だから大宮のソープで楽しむ時にはいつもシミュレーションがカギを握っていると思っています。まぁあまりにもシミュレーションばかりになると大変ですが(笑)