泊まりで風俗講習

何よりもエンターテイメントだと思った

風俗って性的サービスって言われ方をしますけど、自分はそれよりは「エンターテイメント」かなと思っています。女の子が男を楽しませてくれるんです。楽しませるために、女の子はそれぞれ個性を磨いたり、自分だけしか出来ないような技を習得したり。風俗の世界でもいろいろなドラマが待っていると思いますけど、それはまさにエンターテイメントの世界そのものじゃないですか。お客を飽きさせず、自分自身の持てる力で楽しませようとする。これってかなり大切というか、エンターテイメントでは基本と言っても過言ではないじゃないですか。それだけに、風俗はエンターテイメントだという自分の主張もそこまで的外れなものではないんじゃないかなって思いますけどね。むしろそれが何よりも楽しいというか、エンターテイメントだからこそ、こっちだって心置きなく楽しめるんです。だから風俗は、常に「どんな楽しみが待っているんだろう」という気持ちも強いんですよね。

興味の話はありますよね

やっぱりまずは興味を持つことだと思うんですよね。でも、風俗は興味を持っていないって男は本当に少数派なんじゃないかなって思うんですよ。性的なサービスは誰もが何かしらの興味を持っていると思うんです。それだけに、風俗は男にとって、深層心理ではどうしても気になる存在と言っても決して過言ではないと思うんですけど、風俗で思うのはやっぱり興味はもちろんですけど、興味外のことにも気を向けてみることもまた、それなりに大切なことなんじゃないかなって思いますけどね。むしろその方が自分なりにいろいろなことを楽しめるんじゃないかなって。それに、価値観の広がりは、自分により新しいものをもたらしてくれるとも思いますよ。自分もそうだったんですよ。昔は今一番好きな性感マッサージに関しては、好き嫌いとかではなくて興味そのものがありませんでした。でも今では性感マッサージが一番だなって思うのは、ふと試してみてからこそなんですよね。